EloHellにおけるLoL

LoLにおけるNoobの考察とか。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

序盤 

最近とても感じるのが、序盤の負けを引きずったまま結局負けること。
実際戦っていると、相性によって結構きつい場合もある。
例えば相手がNidaleeだとかでタワー下までハラスが届くのはとても辛い。
なぜこういったことになるのか?
レーニングの序盤について考えてみた。
・PickしたChampが悪い
これはよくあると思う。
特に、BotDuoがMelee二人だったりすると、とんでもなくキツイ。
Pickする時に出来れば、味方の既にPickされたChampがどこに行くかを想像するといい。
相性がいいChampが思いつくはず。

・ハラス負けする
これもよくある。
そういう時はLHを捨ててでもまず、レーンを下げるべき
LHが取れないから無理して前にでて死んで戻るのと、
10のLHを諦めてレーンを下げるなら後者の場合の方がいいことは解るはず。
下がることで、味方がGankしやすくなるのと、相手にはTowerが邪魔になってくる。
Champの選択を誤っていなければ味方のどちらかはある程度のLHが取れるようになるはず。
Tower下に居るところまでハラスが出来る相手だとちょっときつかったりする。
対応が遅れてから下がると特にジリ貧になるので気をつける。

・Gankされて死ぬ
レーンを下げよう
ある程度レーンを押しているときに多いというか、それ以外はほぼありえない。
相手がハラス負け過ぎて前に出られず、どうしても前に出てしまう場合もある。
ここでGankを防ぐ手段として、Wardがある。
これを一番近くの草むら、もう一個あればDragon、Baron前に設置する。
そうすることで相手のGankが来ることをGankを受ける前に察知できる
しかしMiniMapを見ていない場合は意味が無いし、余りにもHealthが減っていると普通に死ぬ
miaなレーンとjungleのChampの特性もよく確認しておきたい。

・相手が上手い
相手の動きが明らかに違う時がある。
そういう場合はこちらの小細工は通用しなかったりする。
上手い相手というのは、タイミングが上手いんだと思う。
前に出るタイミングや下がるタイミング、ハラスや戦闘を行うタイミング。
総じて上手い相手には大体いけるだろって感じでやるとすぐ死ぬ。
こういう場合にも、すぐにレーンを下げるべきだと思う。
相手が上手いのであって、Champがいきなり強くなったわけではない。
相手の選択肢を丁寧に潰していくのが重要だと考える。


適当に書いた所で、まだ色々あるかもしれないけどここら辺で一回やめる。
序盤のDeadはかさめばかさむほど味方が不利になる。
序盤のレーニングは一人か二人の問題に見えるが、最終的には全体の問題になる
相手がうまい場合は後に脅威になるだろうからGankを要請したり、
相性が悪ければレーンの交代も早めにするべき。
こういうことを考えながらやると全体が見えたりするんじゃないだろうか?
特にJungleやっているときはこういうことを考えながらやると勝ち試合に繋がる気がする。
どうしようもない試合でもなければこういう所が効いてくるはず。
スポンサーサイト

category: LoL-EloHell考察Season2~前

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://terulol.blog.fc2.com/tb.php/22-cfd982c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。